お知らせ

19年11月01日

掃除機の最新機種を交換商品に追加しました。次世代住宅ポイント記事「ロボット・スティックタイプ・キャニスター型まで。種類が沢山あって迷ってしまう掃除機の最新機種を交換商品に追加しました」をご覧ください。

19年10月28日

次世代住宅ポイント記事一覧に「2019年9月末時点での次世代住宅ポイント実施状況」をアップしました

19年10月16日

次世代住宅ポイント記事一覧に「19号の影響による発送・配送遅延のお知らせ」をアップしました

大型家電(設置あり)をご注文の場合、事前にご確認ください

おすすめ商品

次世代住宅ポイント記事一覧

MOTTAINAI×次世代住宅ポイントについて

MOTTAINAI×次世代住宅ポイントでは、本制度の政策テーマに資する商品を次世代住宅ポイントの交換商品として多数ご紹介しています。
過去のポイント制度(家電エコポイント、省エネ住宅ポイント、復興支援住宅エコポイント、木材利用ポイント等)においても交換商品事業者として登録し、商品を提供しております。

TOPに戻る

次世代住宅ポイントとは?


次世代住宅ポイント制度とは、消費税率10%が適用される一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や、家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをされた方に対し、新築は最大35万円相当、リフォームでは最大30~60万円相当の様々な商品と交換できるポイント(1ポイント1円相当)を付与する補助金制度です。

ポイントの申請は2019年6月3日より開始されており、商品の交換申請は2019年10月より開始される予定です。

スケジュール


ポイント発行申請

申請開始
2019年6月3日(予定)
申請終了
予算の執行状況に応じて公表(遅くとも2020年3月31日)

完了報告(工事完了前にポイント発行申請を行った場合)

<新築住宅の場合>

住宅タイプ
戸建て住宅
共同住宅等で階数が10以下
共同住宅等で階数が11以上
申請開始
工事完了後
工事完了後
工事完了後
申請終了
2020年9月30日
2021年3月31日
2021年9月30日
申請開始
申請終了
申請開始
申請終了

<リフォームの場合>

住宅タイプ
戸建て住宅
耐震改修を実施する共同住宅等で階数が10以下
耐震改修を実施する共同住宅等で階数が11以上
申請開始
工事完了後
工事完了後
工事完了後
申請終了
2020年9月30日
2021年3月31日
2021年9月30日
申請開始
申請終了
申請開始
申請終了

商品交換申請

申請開始
2019年10月1日(予定)
申請終了
2020年6月30日(予定)

次世代住宅ポイント制度で、対象となる住宅は?


ポイント申請の対象となる住宅には、新築の住宅と、リフォームがあります。
それぞれに要件があり、もらえるポイント数が違います。

新築住宅の場合

対象住宅のタイプ

所有者自らが発注する
新築住宅

販売会社等が発注し所有者が
購入する新築分譲住宅

対象住宅の要件

所有者自らが居住する
住宅であること

所定の期間に契約・着工し
2019年10月1日以降
に引渡しを受けること

発行ポイント数

Ⓐ+Ⓑ+Ⓒの合計
1戸当たり上限35万ポイント

A
標準ポイント
①~④いずれかに適合する場合、1戸あたり30万ポイント ①エコ住宅(断熱等級4又は一次エネ等級4を満たす住宅)
②長持ち住宅(劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅)
③耐震住宅(耐震等級2を満たす住宅又は免震建築物)
④バリアフリー住宅(高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅)
B
優良ポイント
①~④いずれかに適合する場合、1戸あたり5万ポイント加算 ①認定長期優良住宅
②低炭素認定住宅
③性能向上計画認定住宅
④ZEH
C
オプションポイント
9千〜1万8千ポイント 事負担軽減設備 15万ポイント 耐震性のない住宅の建替
15万ポイント 耐震性のない住宅の建替

※新築住宅の詳細については次世代住宅ポイント事務局サイトをご覧ください。

リフォームの場合

対象住宅のタイプ

所有者等が​施工者に工事を発注をして実施するリフォーム

対象住宅の要件

所有者自らが施行者に
発注(工事請負契約)して
実施するリフォームであること

所定の期間に契約・着工し
2019年10月1日以降
に引渡しを受けること

発行ポイント数

発行ポイントの上限

世帯 既存住宅購入の有無 上限ポイント数
若者※1
子育て世帯※2
既存住宅を購入しリフォームを行う場合※3 60万ポイント
上記以外のリフォームを行う場合※4 45万ポイント
若者・子育て世帯
以外の世帯
安心R住宅を購入しリフォームを行う場合※3 45万ポイント
安心R住宅を購入しリフォームを行う場合※3 30万ポイント
  • ※1 若者世帯とは、2018年12月21日(閣議決定日)時点で40歳未満の世帯。
  • ※2 子育て世帯とは、2018年12月21日(閣議決定日)時点で18歳未満の子を有する世帯、又は申請時点で18歳未満の子を有する世帯。
  • ※3 自ら居住することを目的に購入した住宅について、売買契約締結後3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結する場合に限る。
  • ※4 自ら居住する住宅でリフォーム工事を行う場合に限る。

※リフォームの詳細については次世代住宅ポイント事務局サイトをご覧ください。

制度の詳細や申請方法は
国土交通省次世代住宅ポイントサイト

本制度の内容は、変更の可能性もあります。
最新の情報は国土交通省や次世代住宅ポイント事務局のホームページにて必ずご確認ください。

次世代住宅ポイント制度で
ポイントと交換できる商品


次世代住宅ポイント制度では、政策テーマに資する様々な商品とポイントを交換することが出来ます。
政策テーマは「省エネ・環境配慮に優れた商品」、「防災関連商品」、「健康関連商品」、「家事負担軽減関連商品」、「子育て関連商品」、「地域の振興に資する商品」で、MOTTAINAI次世代住宅ポイントサイトでは主に地域の特産品や省エネ・健康・家事負担軽減となる家電をポイント交換商品として提供しています。

次世代住宅ポイント制度のポイントの商品交換方法


次世代住宅ポイント制度では、政策テーマに資する様々な商品とポイントを交換することが出来ます。商品の交換受付は2019年10月1日から受付開始予定です。

  • ※1 ポイント発行申請は、原則、対象住宅の所有者となる方等が行うが、工事施工者や分譲事業者が代理で行うこと(代理申請)も可能。
    なお、代理申請を行う場合でも、ポイントは申請者へ発行。
  • ※2 分譲事業者による分譲住宅(販売開始前)のポイント予約についてはこちら