メディア掲載

【毎日新聞掲載記事】海の森に植樹1000本 東京湾埋め立て地、親子連れら200人

MOTTAINAIキャンペーン10周年を記念する植樹体験会(キャンペーン事務局主催、特別協賛・伊藤忠テクノソリューションズ)が3月22日、東京湾の埋め立て地「海の森」で開かれた。キッザニア東京(東京都)の「エコショップ」パビリオン体験者や毎日新聞が公募した親子連れ、賛同企業の家族など約200人が苗木1000本を植えた。

「海の森」は23区内で発生した1230万トンのごみ埋め立て地だったが、現在は多様な樹種による森づくりが進んでいる。故ワンガリ・マータイさんも2008年に植樹したゆかりの地。20年の東京オリンピック・パラリンピックでは、馬術のクロスカントリーなどの会場になる予定だ。

参加者は、NPO法人「樹木・環境ネットワーク協会」のグリーンセイバーの指導を受けながらタブノキなど風に強い樹種の苗木を植えた。さらに海の森やマータイさんに関する問題に答えるクイズラリーで、環境問題への理解を深めた。ゲストのタレント、ルー大柴さんも子どもたちの穴掘りを手伝った。

生後10カ月の女児を抱っこしながらオオシマザクラを植えた主婦、平山直美さん(30)は「子どもが生まれた記念に参加した。オリンピックが開催されるころ、子どもと一緒にサクラを見に訪れたい」と話していた。

s0430.jpg
好天に恵まれ、親子連れなど約200人が苗木の植樹体験を楽しんだ=「海の森」で3月22日、山田茂雄撮影

メディア掲載一覧へ戻る

イベントイベント情報 暮らしを”ちょっと”豊かにしてくれて、”ずっと”愛用していける、そんな品々を、ご紹介していきます。

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する