お手入れ

暮らしの道具ケア 椅子のお手入れ方法

B8-1.jpg

触れるだけでうっとりするような贅沢な生地、意匠をこらした木の彫刻。
インテリアの中でもひときわ目を引くアンティークの椅子。
長く大切に愛用するためには、どんなお手入れをすればいいの?
細かなつくりがしてある分、どうしてもホコリがたまってしまうから、
汚れを落とし、色を塗り直す、年に一度の丁寧なスペシャルケアで、
その美しい輝きと座り心地をキープしよう!

木と布の境目をマスキングする

B8-2.jpg

布部分の境目にマスキングテープを貼る。
うっかりポリッシュを塗ってしまわないための大事な作業。
貼ることで作業もスピーディに。

クリーナーを噴霧し汚れをオフ

B8-3.jpg

通常の汚れ落としならウエスに、しつこい汚れにはスチールウールを噴霧し、木の部分を磨く。
すぐに乾いた別のウエス(スチールウール)で拭き取って。

ポリッシュ液を布に含ませる

B8-4.jpg

ペットボトルの底をカッターで切って容器にし、
木の材質に会うカラーのポリッシュ液を入れる。
2脚の椅子に約50mlで十分。
布にポリッシュ液を含ませたら、余計な液を別の布に吸わせて落とす。
ポリッシュ液を使うときは、部屋の換気がマスト!

液を木の部分に塗る。細かい部分は筆で

B8-5.jpg

木目に沿って塗るのが基本。
まっすぐな部分はスーッと伸ばすように一気に塗る。
彫りが細かい箇所は小筆を使うと便利。
背もたれを塗る時は、液垂れガードのために布張り部分に布を敷いておこう。

テープを剥がし最後の仕上げ

B8-6.jpg

全体を塗り終わったらマスキングテープを剥がし、筆を使い、極の部分にポリッシュ液を丁寧に塗る。
小筆のほうが垂れずに塗りやすい。

布部分はホコリを払うだけ。木の部分は汚れを落とし、
ポリッシュを塗るだけで、艶が蘇り、多少の傷なら目立たなく!
ほんのひと手間、自宅でできるお手入れは、1年に一度でOKなので、
お気に入りの椅子を長く愛用するためにも、ぜひ取り入れて。

次回は【机の輪ジミを取る】をご紹介します!

*関連読みもの*
・暮らしの道具ケア 机の輪ジミを取る方法


*MOTTAINAI おすすめ商品*

お手入れ一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

新着情報

もっと見る

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する