お掃除のコツ

役立つお掃除のコツ・方法 トイレ編

時間もかかりそうだし面倒だから......ついつい後回しにしがちなトイレのお掃除。
でもよく見てみて。日々使うものだからこそ、結構、汚れやホコリの巣窟に! 
大掃除を機に、気づかぬうちに蓄積した汚れやホコリを隅々まで取り除いて、
その後は日々のさっとお掃除を習慣づけよう。
汚れやホコリのないきれいなトイレって気持ちがいいものですよ。

■酸の力で汚れとカビを徹底撃退! <トイレ>

【周辺はエタノールで除菌】

D41a_2.jpg


1.トイレットペーパーにエタノールをかける

D41b.jpg

トイレットペーパーを何層かに折りたたみ手のひらサイズにしたら、エタノールをたっぷりかける。
ゴム手袋をはめて作業を。


2.便器をふく

D41c.jpg

上から下に、のルールを守ってまずは便器の蓋から順にふいていく。蓋を開け閉めするときに付く皮脂が
汚れの原因。トイレットペーパーが汚れてきたら交換して。


3.蓋の裏側と便座をふく

D41d.jpg

蓋の裏側には飛び跳ねた水やホコリが、便座には水の汚れと皮脂が溜まりやすいので、たっぷりの
エタノールをつけてふいていく。


4.便座の裏側は念入りに

D41e.jpg

はねた尿が付着しやすい蓋の裏側は放置しておくと、ますます大変なことに!
大掃除でしっかり除菌したら、日々こまめにふき取って汚れを溜めないのがベスト。


5.床も一気にふく

D41f.jpg

便器の除菌が終わったら、仕上げは床まわり。水はねによる汚れがたまっているはず。隅々までふき取ろう。


6.使い終わったペーパーは流して捨てる

D41g.jpg

使い終わったペーパーは便器に捨て、最後にまとめて水に流してしまえばOK。

【内側は酸性洗剤で汚れ撃退】

D42a_2.jpg

1.酸性洗剤を便器の縁にまわしかける

D42b.jpg

便器の内側は普段はブラシで水洗いする程度でOK。大掃除の際に、酸性洗剤を使って、こびりついた
汚れを除去しよう。ゴム手袋をはめるのと、換気を忘れずに。


2.濡らしたスポンジで磨く

D42c.jpg

硬めのスポンジを少しだけ水で濡らし、洗剤をかけた部分を中心にこすり洗いする。
便座の裏側部分もしっかりと。


3.水で流して完了

D42d.jpg

磨き終わったら、水に流して終了。この時にスポンジも一緒に洗ってしまうのがおすすめ。


特別な道具は使わず、家にあるものでできるトイレのお掃除。
蓄積された汚れやホコリを取り除く大掃除は、作業も簡単なので、ぜひお試しを。
一旦リセットしたら、日々のさっとお掃除を積み重ねて、きれいな状態をキープしよう!



*MOTTAINAI おすすめ商品*

お掃除のコツ一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

新着情報

もっと見る

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する