メディア掲載

【毎日新聞掲載記事】マータイさん遺志継ぐ 生誕76年、ケニアで76本植樹

ノーベル平和賞受賞者でMOTTAINAIキャンペーン提唱者、故ワンガリ・マータイさんの誕生日にあたる4月1日、ケニア・ナイロビ市近郊のカルラの森で生誕76年を記念するイベントが開かれ、76本の木が植えられた。
マータイさんは2011年9月に亡くなったが、その遺志は、マータイさんが創設したグリーンベルト運動のメンバーやマータイさんを敬う市民に受け継がれている。この日は国の森林伐採に反対して植林しながら抵抗した「マータイコーナー」と呼ばれる一角で、同運動のバーティスティン・ムバヤ理事ら関係者が1本ずつ植樹。マータイさんの長女のワンジラ・マタイ理事長は滞在中の米国カリフォルニア州で植樹イベントを行った。
同運動は1977年の創設以来、これまでにケニア全土で5100万本もの木を植えた。当時4%以下といわれた森林率は現在、7%まで回復している。ケニアの憲法では森林率をできるだけ早く10%まで高める条文があり、これに向けて懸命な活動が続いている。【七井辰男】

◇募金活動しています

毎日新聞社では、ワンガリ・マータイさんの植林活動・グリーンベルト運動を応援するための募金活動を行っています。2015年度は329万円が寄せられ、近くグリーンベルト運動(GBM)に送られる予定です。
また、伊藤忠商事などとともに展開しているMOTTAINAIキャンペーンのライセンスビジネスの収益の一部もGBMに送られ、ケニア山麓(さんろく)のMOTTAINAIグリーンプロジェクトという植林事業に充てられています。09年4月に始まったプロジェクトはすでに381万本の苗が植えられ、170万本の木が生育しています。
募金の郵便振替口座は00180・3・2800、口座名義は(株)毎日新聞社。通信欄に「MOTTAINAIキャンペーン」と明記してください。


カルラの森で記念植樹をする人たち=グリーンベルト運動提供

160504mainiti-syokujyu1.jpg

メディア掲載一覧へ戻る

イベントイベント情報 暮らしを”ちょっと”豊かにしてくれて、”ずっと”愛用していける、そんな品々を、ご紹介していきます。

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する