メディア掲載

【毎日新聞掲載記事】生活を豊かにする、京都の伝統を学ぶ 女性対象にセミナー

「古都の伝統に根ざしたものづくり」をテーマに「京都に学ぶ」と題する女性対象の連続セミナー
(毎日新聞社主催)が東京都千代田区で開かれた。

180326_1_2.jpg
[写真説明:八木隆裕さん]

初回は1月末で、京都市の茶筒の老舗「開化堂」の6代目、八木隆裕さん(43)が登場した。
開化堂は1875(明治8)年創業でブリキや銅などを素材に密封性の高い茶筒を製造する。
欧米などにも積極的に販路を拡大。セミナーでは伝統の技を次世代につなぐ自身の使命について語り、
「使い込んでいるものには愛着がわく。この茶筒がその一つになってくれたらうれしい」と力を込めた。


180326_1_1.jpg
[写真説明:朝日焼の器にお茶をいれる松林豊斎さん
 =東京都千代田区のレストランアラスカ・パレスサイド店で]

2回目は先月にあり、京都府宇治市の窯元、朝日焼十六世の松林豊斎さん(37)が創作の原点について話した。
先代の父が3年前に他界し、「伝統と自分らしさの融合」を模索。
わら灰を用いる「月白釉薬(げっぱくゆうやく)」を使って鮮やかな水色を表現する独自の作風を生み出した。
「茶の文化とともに朝日焼も変化してきた。人々の生活を豊かにする器でありたい」と話していた。
【明珍美紀】

メディア掲載一覧へ戻る

イベントイベント情報 暮らしを”ちょっと”豊かにしてくれて、”ずっと”愛用していける、そんな品々を、ご紹介していきます。

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する