メディア掲載

【毎日新聞掲載記事】持続可能社会へ、構造転換目指し イオンフォーラム

持続可能な社会に向けて実行策を考える「イオン未来の地球フォーラム」が東京都文京区の
東京大学安田講堂で開かれた。「消費と生産」に視点を当て、専門家らが議論を深めた。

初めに慶応大学経済学部の細田衛士教授が、環境破壊の背景に「飽食と飢餓」など不均衡な
状況が生じる社会構造のひずみがあることを指摘した。バブル経済の崩壊を経た日本では、
物質的な豊かさよりも心の豊かさを求めるなど「価値観が変化してきた」と言い、
「今が消費と生産のシステムを転換するチャンス」と話した。

東京大学大学院農学生命科学研究科の八木信行教授は、生態系の保持や漁業資源の管理など
「自然の機能と社会、経済をバランスよく維持するには消費者である市民も関心を持つことが重要」
と強調。
オランダ出身でアジアの開発援助の実情に詳しい総合地球環境学研究所のハイン・マレー教授は
「問題解決には研究者が行政や企業、民間と連携して『共創』の意識を持つことだ」と提言した。

今年で2回目となったフォーラムは、イオン環境財団と東京大学国際高等研究所サステイナビリティ
学連携研究機構、国際研究プログラム「フューチャー・アース」の共催で行われ、約700人が参加した。
【明珍美紀】

メディア掲載一覧へ戻る

イベントイベント情報 暮らしを”ちょっと”豊かにしてくれて、”ずっと”愛用していける、そんな品々を、ご紹介していきます。

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する