MOTTAINAI SOUND

【MOTTAINAI SOUND】阿智村「星めぐりの歌」

<ここで視聴できる音源は、サウンドスケッチです>

プラネタリウムで初めてコンサートをやったのが、2017年の2月。せっかくなので、コンサートに向けて、満天の空を見て1曲作ってみようと思い、人の住む最南端の島、波照間島に行ってみることにしました。ところが、石垣島からの航路は波や風の影響を受けやすく、欠航が多いとのこと。あと、船が無事波照間島に行けたとしても、天気が悪くて星を見れないという日も多いようです。残念ながら、行き先を変更することにし、インターネットでいろいろ調べていくうちに、長野県の阿智村という場所を知りました。
阿智村は、長野県下伊那郡の西部に位置する村。2006年には環境省の観察によって、「星が最も輝いて見える場所」第1位に認定された場所です。東京を夕方に出て、阿智村にある昼神温泉に着いたのは、夜9時を回っていたかと思います。このあたりは、夜9時を過ぎればもう真っ暗なんですが、日付が変わるくらいの時間まで待って、山の方へ向かいました。車で走っていると、オートキャンプ場があったので、そこで車を停めて星を見ることにしました。最初曇っていましたが、目が暗闇に慣れた頃、雲もだんだんなくなり、ついに、満天の空を見ることができました。圧巻でした。
大地に寝転がって、虫の音、遠くから聞こえてくるせせらぎの音の中で見た星空は、しっかりと脳裏に焼き付けられました。若い頃は、仕事終わって、毛布を車に積んで、東京を離れて、流星群を見に行ったりと、そんなことやってましたが、ここ最近ゆっくり星を見るということがなかったので、そういう意味でも、すごくいい時間になりました。
満天の写真を撮ることはできませんでしたので、翌朝の雲海の写真でもご覧になってください。阿智村、みなさんも機会があれば是非一度足をお運びください!


守時 タツミ

キーボードプレーヤーとして音楽活動を開始。コンサートツアー、レコーディングから、アレンジ、プロデュースまでこなす。今まで関わったアーティストは、佐野元春、 ザ・ハイロウズ、Kinki Kids、藤井フミヤ、hitomiからClementineにまで至る。後にベネチア映画祭招待作品『千年旅人』など映画音楽も手がけるようになる。2007年より「100年後の子どもたちへ」という思いでdecibelを立ち上げ、音楽活動を展開する。ナレーションと音楽で綴った昔話『おとえほん』や『MOTTAINAI SOUND』などの企画、プロデュースを手がけ、高い評価を得ている。

MOTTAINAI SOUND一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する