メディア掲載

【毎日新聞掲載記事】SDGs:アフリカと日本の若者が提言 26日に早稲田大で本選会

アフリカと日本の若者が「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成へ提言や新規事業のアイデアを競う
「アフリカと日本のユース提言 アイデアで世界を変えよう」(あしなが育英会、アフリカ開発協会主催、
毎日新聞社協力)のオンラインプレゼンテーションが開かれた。
26日午後2時から、新宿区の早稲田大学3号館301教室で開かれる本選に出場が決まったのは、次の通り。
(敬称略、チームの場合は代表者)
村上采(慶應義塾大)
休場優希(横浜市立大学)
片岡剛輝(国際教養大)
エマヌエル・マセルカ(国際教養大)
ナビ・アマドゥ(北海道大)
イブフレディ・アベメブオト(神戸情報大学院大)

企画は、横浜市で28日から開かれる第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の公式パートナー事業。
日本またはアフリカ出身で国内在住、30歳以下の学生や社会人などからアイデアを募集、
高校生を含む計50件の応募があった。本選は一般の入場も可能だ。

国際協力機構(JICA)が共催。
早稲田大学国際戦略研究所、日本国際協力センター(JICE)、国連広報センター、創価大学、
MOTTAINAIキャンペーン事務局が後援。
カタール航空、IKEUCHI ORGANIC、エバニュー、スーパーホテル、道祖神、ミヤザワ、
山田繊維が協賛している。
問い合わせは「アフリカと日本のユース提言」事務局(youthinnovators2019@gmail.com)まで。

メディア掲載一覧へ戻る

イベントイベント情報 暮らしを”ちょっと”豊かにしてくれて、”ずっと”愛用していける、そんな品々を、ご紹介していきます。

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する