メディア掲載

【毎日新聞掲載記事】アフリカと日本のユース提言 休場さん、マセルカさんV 早大で本選会

20190828.png
[写真説明:アフリカと日本のユース提言で優勝した休場優希さん(左から3番目)と
 エマニュエル・マセルカさん(右から3番目)=早稲田大で、糸井蓉子撮影]

「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けて新規事業のアイデアを競う「アフリカと日本のユース提言 
アイデアで世界を変えよう」(あしなが育英会、アフリカ開発協会主催、毎日新聞社協力)の本選会が26日、
早稲田大学(新宿区)で開かれた。

日本またはアフリカ出身で国内在住の学生や社会人から計50件の応募があり、
オンライン審査などの予選を勝ち抜いた6人が本選会に出場した。

審査の結果、アフリカの女子の就学率向上のため、不要になったベビー服をリメークした
布ナプキン事業を提案した横浜市立大、休場優希さん(23)と、
日本のごみ分別システムを応用し、ウガンダの首都カンパラでのごみ収集事業を提案した
国際教養大、エマニュエル・マセルカさん(22)が優勝した。
カタール航空からアフリカへの往復航空券が贈られた。

大会は28日から横浜市で始まる日本政府主導のアフリカ開発会議(TICAD7)の公式パートナー事業。
早稲田大学国際戦略研究所、創価大学、MOTTAINAIキャンペーン事務局などが後援した。
【山口 昭】


メディア掲載一覧へ戻る

イベントイベント情報 暮らしを”ちょっと”豊かにしてくれて、”ずっと”愛用していける、そんな品々を、ご紹介していきます。

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する