暮らしの知恵

暮らしのコツ アイロンの丁寧なかけ方

B11_1.jpg

美しくシワのないシャツは、見ているだけで気持ちがよく、袖を通せば背筋がシャキッと伸びるイメージ。
難しいテクニックなしで端正に仕上げる方法をご紹介。

まず霧吹きで満遍なくシャツを濡らし、アイロンの先端を少し浮かせるようにして、シャツの上を軽く滑らせるのがポイント。
丁寧に手順を追えば、誰もが今日からアイロンがけの達人に!

霧吹きをかける

B11_2.jpg

霧吹きを使い、シャツ全体を満遍なく濡らしていく。洗濯直後なら濡れたままかけてもOK。

襟の裏面→表面

B11_3.jpg

ざっと形を整えるような感じで裏面からアイロンを当てる。続いて表面は、端を持ち、少し引っ張りながらアイロンをかけ、
しっかりとシワをとっていく。

カフスの裏面→表面

B11_4.jpg

襟と同じ要領で。裏面はざっと形を整えるような感じで、表面はカフス部分のシワをしっかりとるように
アイロンをかける。

袖はヒダの部分から

B11_5.jpg

袖口を持ち、脇のラインまで合わせて袖の縫い目をそろえる。続いて袖の折り目を合わせ、プリーツをきれいに出す。
ヒダの部分は、プリーツ線の上からプレスをかけるように。袖の残りの部分は、縫い目に沿いながらアイロンをかける。

後ろ身ごろ

B11_6.jpg

後ろ身ごろは内側だけアイロンがけして。背中の中央のラインだけかければOK。

折り畳み、前身ごろ

B11_7.jpg

脇の縫い目を折り畳み、前身ごろの表面からアイロンを当て、裏面までしっかり乾かす。

首肩まわり

B11_8.jpg

首と肩のまわりは襟を立てるとやりやすい。かけるのは表面だけでOK。裏面までしっかり伸ばすような感覚で。

仕上げ

B11_9.jpg

縫い目に沿って表面からしっかりアイロンをかけて仕上げ。

畳み方のコツ

B11_10.jpg

第2ボタンははずし、その他のボタンは留めると、襟口にシワが寄らずに畳める。

B11_11.jpg

裏返して袖の付け根を折り、真ん中辺りを押さえながら袖口を襟口に向かって織り上げる。

B11_12.jpg

反対側も同じように。続いて脇の部分は、肩の半分くらいの位置から縦に折り、反対側も同じように。

B11_13.jpg

最後にすその部分をつまんで少しだけ上に向かって織り込み、半分に折って完成。
まるでクリーニング店でお願いしたような仕上がりに!

基本は縫い目に沿うだけできれいに仕上がるアイロンがけ。
パリッとした仕上がりが好みなら、すすぎの時に洗濯のりを加えるのがポイント。手順とコツを押さえた、
丁寧なアイロンがけで、気持ちよくシャツを着こなそう。

次回は【汚れたらすぐにシミ抜き】をご紹介します!

暮らしの知恵一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する