暮らしの知恵

あなたは知っている? 日常のマナー 訪問編①「訪問前&当日の心がまえ」

たとえば、部屋が散らかっているときに突然の訪問、困りますよね?
いつも食事までしていくのに手土産のひとつもない、それも残念な心持ち。
相手のお宅を訪問する=貴重な時間を割いてもらう、ということ。
親しい間柄であっても相手の都合を考慮するのが絶対です。
気の置けない仲間、上司や目上の人......
どんな相手を訪問しても恥ずかしくない&困らない、今更聞けない訪問の基本ルールをご紹介。

相手に迷惑をかけないようにするのが大前提!
まずは、「訪問前&当日の心がまえ」から。


【訪問前&当日の心がまえ】

マナー1 事前にアポをとっておく

c1-92calender.jpg

親しい間柄でも必ず事前に連絡をし、日時などの了解をとってから訪問しよう。
その際、訪問の目的や人数、子ども連れかどうかなども伝えて。
昼食時を除く10〜16時の時間帯が常識的。

マナー2 手みやげはよく考えて用意

c1-92miyage.jpg

訪問先の近くで買うと間に合わせの印象を与えるので、出向く前に相手の好みに添ったものを用意して。
品物はお菓子やくだもの、お酒、生花などの"消えもの"を。
金額は2000〜3000円くらいがベスト。

マナー3 子ども連れ訪問は準備万端で

c1-92citem.jpg

基本的に、親しい友人や身内の訪問以外、子連れで行くのは控えた方がベター。
ただ、どうしても連れて行かなければならない場合は、事前に相手の了承を得た上で、
おもちゃや飲み物など必要なものを持参して。

マナー4 到着は早すぎず遅すぎず

c1-92justtime.jpg

遅刻はもちろん、約束の時間よりも早く到着するのもマナー違反。
約束の時刻より3〜5分ほど遅れて到着するようにしよう。

マナー5 キャンセルや遅刻の場合

c1-92tel.jpg

やむを得ない理由で、訪問できなくなった場合や遅刻しそうなときは、
わかった時点ですぐに相手に連絡を。
その理由とおわびを丁寧に伝え、キャンセルの場合は改めて訪問のアポイントをとろう。
遅刻の場合はあとどのくらいで着くかを伝えて。

訪問前の心配りや訪問先での立ち居振る舞いに粗相があると、
相手も不快な気持ちになるし、与える印象もガタ落ち。
見られていないようで、意外と見られている、訪問のマナーを身につけてこそ、きちんとした大人です!

次回は訪問編②「訪問先に到着したら」をご紹介します!


*関連読みもの*
・あなたは知っている? 日常のマナー 訪問編①「訪問前&当日の心がまえ」
・あなたは知っている? 日常のマナー 訪問編②「訪問先に到着したら」
・あなたは知っている? 日常のマナー 訪問編③「洋室に通されたら」
・あなたは知っている? 日常のマナー 訪問編④「和室に通されたら」


*MOTTAINAI おすすめ商品*

暮らしの知恵一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

新着情報

もっと見る

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する