暮らしの知恵

暮らしのコツ 衣類のほつれの直し方

B17-1.jpg

よく着るお気に入りの一着ほど、ほつれなどが出やすいもの。
ボタンがとれかけていたり、スカートの裾がほつれていたり......、
これではだらしない印象を与えて、せっかくのお出かけも台無し!
さらに、後々衣類のダメージを招くこともあるので、
見つけたらすぐに補修して、いつでも気持ち良く着られるようにしておこう。
針と糸があれば簡単。慣れれば作業もスムーズに進みます。

【ボタンをつける】

ひと針目は裏から表へ

B17-2.jpg

とれた位置にボタンを合わせ、ひと針目は裏面から表に出し、ボタンの穴に糸を通していく。
ボタンを布から少し浮かせるようにして。

3〜4回ずつ糸をかけていく

B17-3.jpg

順次ボタンの穴に糸を通し、3〜4回ずつ糸をかけたら、一度裏面に針を通す。
その後、ボタンと布の間に針を出す。

仕上げに糸を巻きつける

B17-4.jpg

ボタンと布の間に浮かせた糸に、3〜4回程度、糸をきつめに巻いていき、
裏面に針を通して、玉留めをして完成。

【裾のほつれを直す】

まつり縫いで修復

B17-5.jpg

裾のほつれは、縫い目が表に出ないまつり縫いで。
まずは、折り込まれた裾の縫いしろの裏から針を出す。

表布をすくう時は小さく

B17-6.jpg

5㎜ほど先の表布をすくい、裾の縫いしろの裏から針を通す。
表に縫い目が見えないようなるべく小さめにすくい、玉留めして完成。

表布にひびかないように

B17-7.jpg

表側から見た写真。表面にはほとんど糸が見えていないのがわかる。
このように糸が見えずにまつれたら大成功!

【ニットのほつれを直す】

糸を針などですくう

B17-8.jpg

飛び出てしまった糸をかぎ針もしくは、針などですくい取る。
太い糸なら手で行ってもOK。

編み目から表面へ

B17-9.jpg

ニットの編み目から、飛び出た糸を裏側に通し、軽く引っ張って、表面の編み目を整える。

糸を玉留め

B17-10.jpg

表面がきれいに整ったら、裏側に持っていった糸が再び飛び出さないように玉留めして、完成!

基本の縫い方、繕い方さえ覚えておけば、自分で簡単に直せるケースがほとんど。
お気に入りの洋服を長く大切に着るためにも、まめに繕って、良い状態をキープしよう!

次回は【暮らしに花を取り入れる】をご紹介します!


*MOTTAINAI おすすめ商品*

暮らしの知恵一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

新着情報

もっと見る

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する