スタッフコラム

胡蝶蘭を再び咲かせないとMOTTAINAI!再生胡蝶蘭のオーナーになって、育てる楽しみを知る「幸せ回蘭」とは?

こんにちは、MOTTAINAIスタッフの安保です。

お祝いのシーンを彩る胡蝶蘭。
白く美しい花が幾つもきれいに並んで、とても華やかですよね。
お花はとても長持ちしますが、しばらくすると根本に近い花の方からしおれていき、
茎と葉っぱだけになってしまうと寂しい印象も。
でも、胡蝶蘭は花が落ちて終わりではなく、再び咲かせることが出来るのを知っていますか?
花が終った茎の部分(花芽)を切って適切に管理すれば、また花芽が出て翌年には新しい花を咲かせてくれます。
しかし残念ながら、お祝いのシーンを飾った胡蝶蘭のほとんどが処分されているのが現状です。
確かに、会社やお店に沢山届いた胡蝶蘭を、そのまま育て続けることは難しいですが
まだ命のある植物、とてもMOTTAINAIですよね。

この胡蝶蘭を集めて育て、もう一度咲かせて出荷することを、
現在、東京グリーンシステムズさんがチャレンジしています。
その活動により生まれたのが、再生胡蝶蘭の「幸せ回蘭」なんです。

2r_ranchirashi_1.jpg

こちらが集められた胡蝶蘭。
そのほとんどが贈答用ですから、とっても立派なものですね。

saisei_2.jpg

写真をよく見ていただくとわかると思いますが、
ラッピングや茎を支える支柱、固定ワイヤーなど、沢山の付属品が付いています。
これらを取り外すことも大変ですが、株が大きいほど陶器の鉢も大きく重いので、
運搬や管理にはとても手間がかかります。
そういった苦労を乗り越えて、再び花を咲かせようとしているところがこちら。

saisei_3.jpg

蘭から再び花芽が伸びています!

この「幸せ回蘭」は、現在MOTTAINAI Shopで限定数を販売中です。
すでにお花が付いた「一本立ち」と、
これからお花を咲かせる楽しみが味わえる「花芽付き苗」の2種類があります。

※ただし蘭は寒さに弱いため、冬期は寒冷地へのお届けができません。
配達エリアや年末年始の配送など、詳しくは商品カートの説明をご参考ください。

約1か月前に、MOTTAINAI Shopの店頭にも再生された「幸せ回蘭」が届き、
とても大切なものを引き取った気持ちになりました。

「一本立ち」タイプは、少し小振りのお花がとっても愛らしく、
現在も可愛く咲き誇っています。

saisei_4.jpg

「花芽付き苗」タイプは、花芽がこの1か月で20センチほど伸びて、
つぼみが見えてきました。
これからどんなお花を咲かせるのか、とっても楽しみです。

saisei_5.jpg

蘭は育て方が難しいという印象がありますが、MOTTAINAI Shopでの販売では
水分計などを含んだ"育成キット付"もご用意しています。
特に水分計はとっても便利。水のやりすぎを防ぐことが出来ますよ。

saisei_6.jpg

鉢に刺さっている緑の棒が水分計です。上部の水色の部分が白くなったら
水やり時になります。
特にこの時期は空気が乾燥しているので、ぐんぐん水を吸っていく姿が
元気でかわいく思えてきます。

これからの年末年始、お花を飾る機会が増えると思いますが、
胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」。新しい年にぴったりの言葉ですね!
是非「幸せ回蘭」のオーナーになって、自分だけの蘭を育ててみてはいかがでしょうか。

スタッフコラム一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

新着情報

もっと見る

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する