スタッフコラム

「食糧危機」を吹き飛ばせ!エンタメ・ロードムービ『0円キッチン』試写会レポート

poster.png

世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。
その重さは世界で毎年13億トン!


『0円キッチン』は、「食糧危機」を吹き飛ばすエンタメ・ロードムービ。
「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」と考えた
"食材救出人"のダーヴィドが、植物油で走る車でヨーロッパ5カ国の旅へ出発。
ユニークでおいしく楽しい取り組みをしている人々に出会い、"救出"した食材で
料理をふるまいます。

1月13日(金)にMOTTAINAIキャンペーン事務局と毎日メディアカフェが開催した
特別試写会にご来場いただいた、みなさまからのコメントをお届けします!


■映画『0円キッチン』を観て

  ・おもしろかった(いろんな人、いろんな活動があって)
  ・楽しく活動していないと食品ロスは減らない。良い作品ですね。
  ・楽しく、おいしく!←活動には重要ですね。
  ・難しい内容ですが、スタイリッシュにユーモラスに描かれている。
  ・料理人っていいですね。
  ・「食べものを捨てる」ことの意味を改めて考えさせられました。
  ・国や地域は違っても、美味しく感じる心は同じ。

監督ダーヴィドがとにかく明るい!ユーモラスなキャラクターが画面から伝わってきます。
なにより腕が確かなので、できあがった料理はどれもとてもおいしそう♪
食糧危機について楽しみながら考えることができました。


■映画を観て、何かアクションを起こしたくなったことはありましたか?

  ・冷蔵庫の中の整理。ムダなものは買わない。
  ・料理のレパートリーを増やす(残り物をどう使うか考えて)。
  ・田舎の柿を採りに行ってジャムにしたい。
  ・ちょっと勉強して、野にある植物を食べてみたいと思いました。
  ・昆虫を食べるアクションを起こしたい。
  ・外食の食べ残しの持ちかえり(ドギーバッグ)をためらわない。
  ・新しいこと、というのはすぐに起こせないのですが、残さず食べることを実践していきます。

食べ物を大切にすることは「MOTTAINAI」の精神に深くつながっています。
一人ひとりが、小さなことからコツコツとアクションを起こし続けることが大切だと感じました。


■「食品ロス」削減のために、日頃から心がけていることはありますか?

  ・食べすぎない、買いすぎない。
  ・庭で育った果物や野菜を利用する。
  ・外食では残さないよう呼びかける。
  ・自分が不要となった物を人にゆずる。
  ・出汁をとった後のかつお節や昆布はふりかけにする。
  ・冷蔵庫の中を把握しておく。
  ・冷蔵庫の使い切り曜日を設けて1週間に1回空にしている。

みなさま、日頃からいろいろなことを心がけていますね。
MOTTAINAIでは、キャベツの芯や大根の葉などの野菜の切れ端を使ったレシピや、
食材の長持ち保存方法などを「MOTTAINAIレシピ」で紹介していますので、
ぜひお試しください!

映画『0円キッチン』は1月21日(土)から、アップリンク渋谷ほか全国でロードショー!
映画館に足を運んでみてくださいね。

▼『0円キッチン』公式サイト
http://unitedpeople.jp/wastecooking/

<予告編>



スタッフコラム一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

新着情報

もっと見る

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する