研究員コラム

夏でも安心!野菜の長持ち保存術/文:島本美由紀

みなさん、こんにちは。
料理研究家の島本美由紀です。

気温が上がってきましたね~。
洗濯ものが早く乾くのはうれしいのですが、
これからの季節は食材が傷みやすいので注意が必要です。

せっかく買った食材を無駄にしないためにも、
今日は夏に向けて、正しい野菜の保存方法をご紹介します!
ちょっとした保存のテクニックを知っておくだけで、 野菜がグンと長持ちしますよ~!

・レタスが新鮮!2週間長持ちする方法

blg-simamoto150601-1.jpg

丸ごと購入すると1回では使いきれないレタス。
包丁で半分に切ると変色に加え、切り口から水分が抜け鮮度が落ちてしまいます。
おいしく長持ちさせたいなら、切り口に小麦粉を塗りましょう。
ポリ袋に被せたら芯を下にして保存することもポイントに。
いただくときは、外側の葉から先に使えば、最長で3週間程度長持ちします。

◎おいしく保存ラボ
8日間、レタスで保存の実験をして試してみました!

むき出しで保存 8日目

blg-simamoto150601-2.jpg

葉につやがなく、 水分が抜けてしなびた状態に。
ハリとつやが残っているのは中心部のみ。

芯に小麦粉をつけてポリ袋に入れて保存 8日目

blg-simamoto150601-3.jpg

適度な水分コントロールで、 外側はもちろん、内側まで鮮度をキープ。
みずみずしいまま。

・水菜がシャキシャキのまま!10日間長持ちする方法

袋のまま冷蔵庫に入れると、葉先がしなしなになってしまう水菜。
おいしく長持ちさせたいなら、カットして保存容器に入れましょう!
水菜を食べやすい大きさに切ったら、水に1~2分さらし、ざるにあげて水けを拭きとりましょう。
保存容器にキッチンペーパーを敷き、水菜を入れ、上からまたキッチンペーパーをかぶせてから蓋をします。
ペーパーが濡れてきたら取り換えればオッケー。
シャキシャキと8~10日間、長持ちします。

◎おいしく保存ラボ  8日間、水菜で保存の実験をして試してみました!

そのまま保存 8日目

blg-simamoto150601-5.jpg

そのまま保存したものは、 葉先だけでなく全体的にしなびた状態に。
溶けかかっている部分も・・・。

カットして保存 8日目

blg-simamoto150601-6.jpg

適度に水分を補って保存した水菜は、 葉も茎もみずみずしさをキープ。
葉先までぴんと張ったまま!

blg-simamoto150601-7.jpg

詳しくは、私の著書 「ひと目で分かる!食品保存事典 簡単!長持ち!節約!」(講談社) に書いてありますので、ぜひ書店でお求めを。

Amazon コチラ>>

楽天ブックス コチラ>>

研究員コラム一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する