研究員コラム

発展途上国の子供たちへの寄付。障害がある子供たちが通う学校に行ってきました。/文:島本美由紀

みなさん、こんにちは。
料理研究家の島本美由紀です。

みなさまからいただいた発展途上国への寄付。
今回も、文房具やタオル、石鹸とハンカチに加え、
株式会社エス・アイザックス商会さんよりたくさんの鉛筆、
MOTTAINAI SHOPを運営されている立巳物産株式会社さんよりマイボトルをいただきました!

blg-simamoto150616-1.jpg

これらをスーツケースに詰め込んで、 今回も子供たちの笑顔を見に、直接手渡しをしてきましたよ~。

訪れたのは、タイの北部の町チェンマイ。
体に障害のある子供たちが通う「スリ・サンワン・チェンマイ・スクール」です。

blg-simamoto150616-2.jpg

blg-simamoto150616-3.jpg

実はタイでは、望まない妊娠の場合、中絶するお金がないからと強い薬を飲んで無理やり流産させようとする女性が多いそう。
子供の妊娠やレイプ、経済的に産むことができないなど、理由は様々ですが、
中絶に失敗すると子供たちが体に麻痺を持って生まれてきてしまうそうなんです。

もちろん、子供たち全員が妊娠中に親が飲んだ薬の影響で体が不自由というわけではありませんが、
そういった子たちが多く生まれてしまっているという悲しい現実に、胸が締めつけられそうでした・・。

このスクールには、300人ほどの子供たちがいて、 読み書きはもちろん、
日常生活に近いことができるようにと様々なことを学んでいます。

事務室で、みなさまからいただいた寄付を手渡しました!

blg-simamoto150616-4.jpg

blg-simamoto150616-5.jpg

その後、各教室をまわってきました。
子供たちの未来があるため、顔写真を載せることが出来ませんが、
笑顔いっぱいの子供たちと楽しい時間が過ごせましたよ。

blg-simamoto150616-6.jpg

寄付をしてくださったみなさま、
本当にありがとうございました!!

この活動は、今後もMOTTAINAI事務局と一緒に行っていきますので、
みなさま引き続きご協力のほどよろしくお願いします。

そして、去年私はタイ北部の町チェンマイを案内するガイド本を出版しました!
実は前回訪れたエイズ孤児施設「バーンロムサイ」も紹介しているんです。
「バーンロムサイ」で暮らす子供たちが、将来自ら運営できればとの思いで立てられた
「ホシハナヴィレッジ」という素敵な宿が隣接しているのですが、
宿泊することで子供たちの生活支援につながるんですよ。
映画「プール」のロケ地になった場所でもあります。

blg-simamoto150616-7.jpg

blg-simamoto150616-8.jpg

チェンマイ雑貨も販売しているので、ぜひチェンマイを訪れることがあれば、「バーンロムサイ」にも足を運んでみてくださいね。

「かわいいチェンマイ案内」(パイインターナショナル)

blg-simamoto150616-9.jpg

Amazonでの販売はコチラ>>

楽天ブックスでの販売はコチラ>>

研究員コラム一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する