研究員コラム

野菜保存の新常識!目からうろこの冷凍術/文:島本美由紀

みなさん、こんにちは。
料理研究家の島本美由紀です。

東京では梅雨が明け、 毎日暑い日が続いていますが、
天候不順も続いているので、野菜の高騰も続いています。

価格変動のある野菜は、 スーパーで安い時にまとめ買いをして、冷凍しておきましょう!
賞味期限も1か月延ばすことができて、すぐに使えるから便利。

さらに、今までは茹でて冷凍していた野菜も、 生のまま冷凍してオッケーなんですよ。
そんなベジ冷凍の新常識を交えながら、 今回は野菜の冷凍術をご紹介します。

・今までNGだったきゅうりも、塩もみ冷凍ならOK!

きゅうりは輪切りにして塩もみし、水分を絞ってから使いやすい量ごとラップで包んで冷凍用保存袋に。
自然解凍して水分を絞り、酢のものにしたり、混ぜごはんに加えたり。
すぐに使え、コリコリとした食感がやみつきになります。保存は冷凍で1か月。

・キャベツの冷凍もおススメ!アレンジ自由自在。

キャベツは一口大のざく切りにして冷凍用保存袋に。
使いたい分だけ袋から取り出して、凍ったまま炒め物や煮物、スープにポン!
味が染みやすくなって、火が通るのもあっという間。保存は冷凍で1か月。
長持ちするので丸ごと買いしても最後まで使い切れます。

・青菜(小松菜・ほうれん草)は、生のまま冷凍が新常識!

小松菜やほうれん草などの青菜の冷凍は、生のままでOK!
洗って水けを拭きとり、ザクザクと切って冷凍用保存袋に入れたら、使いたい分量だけ取り出せるので便利です。
小松菜なら凍ったまま炒め物やスープに加えるだけ。
ほうれん草はアクがあるので、ザルに入れたら熱湯をかけてさっと水にさらして絞ればおひたしに。
保存は冷凍でどちらも1か月です。

その他、人参、ピーマン、長ネギ、大根、トマトなど、ほとんどの野菜が、
生のまま冷凍して凍ったまま調理が可能ですよ。

blg-simamoto150721-7.jpg

今回は特別に、冷凍小松菜を使って、チャンプルレシピを紹介します!

小松菜のチャンプル

【材料(2人分)】

豚バラ肉 100g
木綿豆腐 1/2丁
冷凍小松菜(ざく切り) 1/2束分
人参(細切り) 1/4本分
にんにく(薄切り) 1/2片分
ごま油 大さじ1/2
ナンプラー 1/4本分
顆粒だしの素 小さじ1/4
こしょう・鰹節 各適量
  1. 豚肉は3㎝幅に切る。
    豆腐はキッチンペーパーで包んだら耐熱皿に乗せ、電子レンジで1分加熱する。
  2. フライパンにごま油とにんにくを入れ熱し、香りが出たら豚肉と人参を加え炒める。
    豚肉に焼き色がついたら豆腐を手で大きく崩しながら入れ、
    冷凍小松菜を加えひと混ぜし、ナンプラーと顆粒だしの素、こしょうで味を調える。
  3. 器に盛り、鰹節をかける。

                    

blg-simamoto150721-8.jpg

詳しくは、私の著書 「もっと野菜を!生のままベジ冷凍」(小学館)
書いてありますので、ぜひ書店でお求めを。

Amazonはコチラ>>
楽天ブックスはコチラ>>

ぜひこの機会にベジ冷凍をマスターして、 野菜高騰を乗り切りましょう!

研究員コラム一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する