MOTTAINAI×NATURAL

日本のハーブならではのよさを。コーディアルについて、メーカー取材に行ってきました。

MOTTAINAI Shopで新しく取り扱いの始まった、VEGE KITCHENのハーブコーディアル。今回はVEGE KITCHENの
製品を開発・製造をしている株式会社ビーバイ・イーへお伺いし、VEGE KITCHENのコーディアルならではの魅力
や開発の裏側について教えていただきます。

手間がかかる商品は、
その手間を楽しもうという提案でもある。


取材に応えてくださったのは、食品担当の鏡晋吾さん。
さっそく、VEGE KITCHENとコーディアルについて、色々聞かせていただきましょう。

bbye_2_1.png

― MOTTAINAI Shopでも扱っているハーブコーディアルを販売する、VEGE KITCHENとはどんな
ブランドですか?


 もともとVEGE KITCHENを運営するビーバイ・イーという会社は、「いきる上で植物とともに歩むこと」
  や「丁寧に生きていくこと」を考えの軸とした事業を行っています。植物の力を 100%活かした製品を
  つくり、無添加であることはもちろん、極力国産の原料にこだわることで地域活性にも貢献しています。

  リラクゼーションやスパ、カフェの運営から始まり、化粧品の開発・販売をメインに行ってきました。
  しかし身体にいいものは外側からとりいれるだけではなく、内側からも働きかけをするべきだと考え、
  食品や飲料の開発も開始したんです。そうして生まれたのが、VEGE KITCHENというブランド。
  今回のコーディアルは、その第1号商品なんですよ。

bbye_2_2.png

― どうしてハーブコーディアルをはじめに選んだんでしょう?

 今でこそ少しずつ雑誌で取り上げられるなどして、知っている人も増えているコーディアルですが、
  開発当初は日本での知名度ってほとんどなかったんですよ。

― たしかに!以前はあまり名前を聞いたことがありませんでした。

 そうですよね。それでも最初はコーディアルに、と決めたのには大きくふたつの理由があります。まずは
  「手間のかかる飲みもの」だということです。私たちのつくっているコーディアルは基本的にはシロップ
  なので、お水や炭酸水などと混ぜて飲むことになります。ペットボトルでジュールを買って飲むことに比べ
  たら、面倒ですよね?でもこのひと手間かけることそのものが、生活にゆとりを生む時間であり、じつは
  重要なのではないかと考えているんです。そして逆に、何か混ぜる手間があるということは、自由になんでも
  混ぜられるととらえることもできます。すでに完成して売られている商品ではなく、その日の気分で好きな
  ものと混ぜて試して楽しむということができるのではと考えました。

目指したのは、
日本のハーブ文化そのものをドリンクにすること。


― なるほど。自分でひと手間かけなければならないけど、その手間そのものを楽しもうとする
こともできるということですね。もうひとつの理由はどんなことですか?


 もうひとつは、「日本のコーディアル」をつくるのに意味があると考えたことです。
  コーディアルって元々はイギリスで飲まれていた、ハーブを漬けたお酒やシロップ。様々なハーブの
  効能を期待できるものではありましたが、日本ならではのものをつくりシロップにすることで、日本
  で昔から好まれてきた日本のハーブのよさも伝えていけたらと思いました。たとえば生姜は身体を
  あたためる効果があると昔から言われてきましたし、赤紫蘇を各家庭で漬けて飲み物をつくる、
  なんてことも行われてきました。そういったよき伝統とも言うべき「日本のハーブ文化」を「日本の
  コーディアル」として製品にしたんです。

― 日本のハーブを使って日本のコーディアルを、という考え方は素敵ですね。
ではそのハーブに合うフルーツなどを探して、今の3つの商品ができているんですね。


 そうですね。まずは、風邪予防や身体をあたためるのによいとされる生姜。
  生姜ってちょっと辛みがあるので、柑橘系の爽やかな甘さをもつ宮崎日向夏を合わせました。
  ローズマリーも入っているので、後味もすごくいいはずです。

bbye_1_4.png

 それから、疲労回復や夏バテ予防を目的に摂る人も多いとされる赤紫蘇ですね。
  これは独特の酸味を活かすために信州林檎を合わせています。

bbye_1_5.png

 最後に、じつはいちばん人気なのが月桃を使ったもの。月桃自体は耳慣れないハーブかもしれませんが、
  ポリフェノールがたくさん含まれているだけでなく、リラックス効果があると言われています。女性には
  嬉しい成分の多いざくろと、余市ブルーベリーを合わせました。

bbye_1_6.png

― 3種類それぞれ、日本のハーブにこだわりを持ち、美味しさを考えてつくってあるんですね!

 もちろん、美味しさだけでなく無添加であることにもこだわっています。保存料・化学調味料、合成香料は
  無添加。合成着色料も動物性原料・乳製品も無添加です。お砂糖も入っていないので、素材本来の美味しさ
  をぎゅっと楽しむことができるものになっていますよ。どの味も楽しみ方が様々あるので、自分なりに試し
  ながらお気に入りを見つけてくださいね!


VEGE KITCHENのハーブコーディアルはただ「身体によさそう」というだけなのではなく、どんな素材をどのように
楽しんでもらうかをじっくりと考えて、丁寧につくられたものなのだということがわかりました。次の記事ではそんな
コーディアルの色んな楽しみ方を、鏡さんにお聞きします。お楽しみに!


*関連読みもの*
夏こそ、身体のよろこぶものを。健康ドリンク「コーディアル」って知ってる?
ソーダ割りから、すし酢まで!メーカーに聞く、ハーブコーディアルのアレンジ方法。
特徴から人気商品まで。ハーブコーディアルまとめ。



*今回の記事に関係するMOTTAINAIグッズ*


*ご協力いただいたのは*

MOTTAINAI×NATURAL一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

新着情報

もっと見る

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する