クローズアップ

我慢?調整?糖尿病を予防する食生活について考えてみよう。

tounyou_3.jpg

過去2回に渡り、自分の身体に関するMOTTAINAIとして、糖尿病のリスクや原因についてお届け
してきました。今回はその最終回。糖尿病を予防する食事について、考えてみたいと思います。

*過去の記事はコチラから*
11月14日は世界糖尿病デー。身体に関するMOTTAINAIを意識してみましょう。
原因は細胞の過労死!糖尿病の原因から、身体のMOTTAINAIを考えてみよう。

ジュース1本で約40グラム。私たちの生活は糖にあふれている。

前回、糖尿病になってしまう原因として、身体の各器官が血糖値を下げるインスリンの刺激に鈍感
になること、インスリンを分泌している膵臓内の細胞が機能しなくなることをご紹介しました。
そしてそのインスリンがきちんと機能しないことの原因としてあげられるのが、日常的な糖、脂質
といったエネルギーの過剰摂取です。

たとえば血糖の正常値は健康な大人で80~120mg/dlになるようインスリンによってコントロール
されています。これは血液中の糖分が約5グラム程度に調整されているということです。

では、一般的によく飲まれている炭酸飲料を考えてみましょう。
こちら、実は350mL缶1本分だけで、約40グラム(角砂糖10個分)もの糖分を含んでいます。
たった1本のジュースで40グラムの糖。これをβ細胞が一気に5グラムとなるようコントロール
していくと考えると、身体への負担はとても大きなものに思えてくるのではないでしょうか。

身体を気遣う食生活の改善は、何でも我慢することとは限らない。

糖尿病は糖や脂質などのエネルギーの過剰摂取が大きな原因。逆に言えばつまり、糖尿病を
予防するには、糖や脂質をとりすぎないように食生活、生活習慣を見直してみることが、
もっとも効果があることのひとつだと言えるでしょう。

たとえば、手間ひまかけた料理をつくってゆっくり食事をすることは、食べすぎの防止に
つながります。あるいは、ファストフードのように消費するだけのものよりも、脂質や糖の
少ない日本の食事を楽しむようにしてみるのはどうでしょう。

自身の身体を気遣いながら食事をすることは、自分自身の身体をリスペクトすることであり、
自分の身体をリスペクトすることこそ、MOTTAINAIの心につながっているはずです。
そしてそれは、他人の身体をリスペクトすることにもつながるのではないでしょうか。

これから年末年始。美味しく楽しい食事の機会も増えることでしょう。

こういった楽しい食事の場面全てで我慢をしなければならないということではありません。
特別な日に食べ過ぎてしまったら、他の日は少し食事を控えめにしてみる。食事をする中でも、
食材や料理それぞれの糖、そしてエネルギーの量を考えながら食べてみる。無意識に口に
運ぶ前に、ほんとうに今食べる必要があるのか、ちょっと考えてみる。

それから、できるだけ日常生活の中で動く量を増やすことも大事です。
エスカレーターではなく階段を利用する、帰りはひと駅手前で降りて歩いて帰る、など。

そういったちょっとしたことから、生活は変えていけます。そしてそれは自分自身だけでなく、
MOTTAINAIが目指す未来の社会のあり方にもつながるのです。

糖尿病に関して、少しでも気になった方はぜひ、これまでの、そしてこれからの自分の生活を
少し見直すことを始めてみてくださいね。


取材協力

慶応義塾大学医学部
腎臓内分泌代謝内科 専任講師
医学博士
税所芳史

http://www.keio-emn.jp/

クローズアップ一覧へ戻る

おすすめ記事

もっと見る

新着記事

もっと見る

MOTTAINAI Shopへ行く

イベント

新着情報

もっと見る

SHOP新着情報

もっと見る

SNS 公式アカウント

MOTTAINAI公式SNSアカウントでは、ニュースやイベント、商品情報を随時お届けしています。
ぜひSNSでもチェックしてみてくださいね。

メールマガジン

MOTTAINAI Shopの会員メルマガでは、
ライフスタイルや商品のおすすめ情報をお届けしています。

登録する